読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

井伊直虎と寿桂尼と大河ドラマ

www.sponichi.co.jp

headlines.yahoo.co.jp



今年の大河ドラマは「女城主直虎」である。視聴率は今一つの様であるが、女性の大河ドラマでは「篤姫」とか「春日局」など高視聴率を取った作品もある。なので戦国と女性について書いてみたい。

でもって直虎であるが、戦国に限らず歴史上の女性は記録が残っていない。前にも書いたが「名前すらわからない」ことが往々にしてある。なので直虎もほとんど通説である。「直虎は男だった」と言う説も出てきて、こうなるともう「女城主」じゃないじゃん。とかになってしまうので大変である。なので、創作の部分が多い。それはそれでドラマなので良いと思っている。

 

dekunobou1025.hatenablog.com


井伊家は徳川家康に臣従して、井伊直政が武功を上げて、その後の幕府の重臣となった。直政を育てたのは直虎なので、井伊家飛躍の女城主と言う事である。当初は今川に付いていたが、今川の滅亡を見切って徳川に付く。浜松なので私は一応県民ではあるが、やっぱり今川はやられ役である。桶狭間で義元は戦死する。井伊家の功績は徳川に仕えてからなので、県民としてもやっぱりピンと来ない今年の大河である。微妙である。

井伊直政と言うと関ケ原で東軍として参加した。「井伊の赤備え」とも言われる。赤備えと言うと昨年の真田幸村が有名だが、井伊直政も「赤備え」である。武田家臣だと山県昌景が有名で、元は兄(もしくは叔父)の飯富虎昌が最初だとも言う。なので本当は幸村の専売でも代名詞ではないのだが。井伊家は本能寺の変の後、甲斐が徳川領地だった頃に、大量の武田旧臣を雇用したと言う。その縁があって「赤備え」としたらしい。その旧武田家臣はそのまま関東に行って徳川の直臣になる。井伊家も同じだ。

女性の戦国大名と言うと井伊家の属していた今川である。寿桂尼と言う女性がいる。義元の生母で今川の女帝とも言うべき存在だ。今川氏親(義元の父)の正室で義元の兄の氏輝も生んでいる。そして今川氏親、氏輝、義元と今川の当主である。その点もあって大河ドラマでも寿桂尼は大きく使われている。今回は浅丘ルリ子が演じている。過去には「武田信玄」で岸田今日子、「風林火山」で藤村志保が演じている。

義元は元々は出家していた。4歳で出家して仏門に入った。兄の氏輝が宗家を継ぐから問題にならないように仏門にいれたのだ。その時の教育係が、後に「今川の軍師」になった太原雪斎である。そして京の五山でさらに仏門の修行をする。なので義元は幼少期から成人するまで京の寺社や公家の文化を身に着けた教養人でもあった。

家督は氏輝なのでそのままなら、仏門の人生だった義元だが氏輝が急死する。そして彼を担ぎ出したのは寿桂尼である。当時「栴岳承芳」と名乗っていた義元を還俗させて「今川義元」とした。「義」は当然「足利義輝」の「義」である。そして、対抗馬の「玄広恵探」を倒して今川当主になる。これを「花倉の乱」と呼ぶ。公家風でおぼっちゃんのように思われる義元だが、実は下剋上で成り上がった戦国大名の一人でもあるのだ。そしてこの「花倉の乱」で弱体化した今川家を立て直したのが義元と寿桂尼太原雪斎である。もちろん北条と今川の関係にも寿桂尼は関係している。

小田原北条家の初代で有名な北条早雲であるが、元々は今川の客将である。そもとも「北条」と名乗っていない。名乗り始めたのは2代目以降である。「伊勢宗瑞」と言うのが本当らしい。幕府の役人で今川に仕えていた。なので初めは駿河の「興国寺城」に所領をもっていたと言う。

それが伊豆の動乱に介入して戦国大名になって行くのである。そして「早雲に預けて」あった興国寺城の扱いで、今川と北条は対立する。今川はもう北条は伊豆と相模を取ったから「返せ」といった。北条は「早雲が貰った土地」だから固有の領地で返せないと拒否した。これをきっかけに「河東の乱」が起きる。そして今川は北条と決裂して武田と同盟する。最初に武田信虎(信玄の父)の娘と義元が婚姻する。その後信玄に京の三条夫人を斡旋するのも今川である。信玄が追放した父信虎を引き取ったのは今川だし、第二次川中島合戦で停戦の調停をするのも今川である。ちなみに川中島合戦は都合5回あり、山本勘助とか映画などで有名なのは「第四次川中島合戦」である。そして「河東の乱」は太原雪斎を有名にした「甲相駿三国同盟」で終息する。

太原雪斎が没し、義元が桶狭間で戦死すると、俄然寿桂尼の負担は大きくなった。寿桂尼の印判を使った文書も残っている。公的文書が残っている女性はほとんどいない。この点から見ても寿桂尼が今川家で実際に公的活動していたのがわかる。若い氏真に代わって文書を出していたのである。氏親の死後、氏輝の代わりに公文書も出しているようだ。氏輝が14歳~16歳の間らしい。

そして信玄の駿河侵攻が本格化するのは寿桂尼の死後になってからである。

まさしく今川の「女帝」であり「ゴットマザー」である。寿桂尼は「死して今川の守護者たらん」と遺言したとか、まさしく、今川のために生き、死んだ女性である。

この辺で締めたいと思います。

長文を読んで下さってありがとうございました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村