仕事と早食い

 

news.nicovideo.jp


引用

発言小町には5月24日、「食べるのが遅い人って仕事が出来ない?」というトピックが立った。トピ主の周りには食事のスピードが異常に遅い人が3人いるという。うどんを食べるのに30分かけるようだ。そして、3人とも仕事ができないという。

    「遅い、大事な報告・確認をしない、優先順位を考えない」

と書き、データはたった3人ではあるが、一般的にはどうなのかを質問した。

引用終わり。

何やら食べるの遅いと仕事ができないと言われるらしい。

ちなみに私は食べるのは早い方だ。小学校の給食は大抵3番以内に食べ終えた。もちろん嫌いな給食は難儀したが、それは別の理由である。単に嫌いだったからである。

でもって仕事ができるかと言えば、そんな事もない。なぜこんな話なるのか不思議である。「空気を読める」とか書いてあるけど、そんな事も無い。単に食べるのが早いだけである。もちろんいたってマイペースである。意識して速く食べている訳ではない。人からせっかちとか言われたことも無い。

学校給食なのだから、別に速く食べる理由はない。逆に「よく噛んで食べましょう」と言うくらいである。だから逆に「もうちょっとゆっくり食べて欲しい」と言われることもある。「急がなくていいから」とか注意されるけど、こっちはいたって普通なのだ。この場合は逆に「空気読めない」となる。だからたまに友人と食事する時は「敢えてゆっくり食べるようにしている」私である。そうしないと「食べるの速えーよ」とかキレられても都合が悪い。給食で常に3番以内だったのだ。意識しないとゆっくり食べられない。

優先順位とか関係ない。それは、実際に食べている私そうだからだ。大体そんな事は考えてない。バランスなんか考えたら遅くなる。ほとんど反射神経で食べている。

もちろん、何故私が早食いになったかも理由がある。父親の影響なのだ。父は昭和10年生まれである。食い物の無い時代に育った。終戦が昭和20年だから、育ち盛りに食い物が無い。そして当時は兄弟も多かった。父は5人兄弟の次男である。

そして、当時は大皿で食事が出てくる。クックドゥのCMのような感じだ。一斉に食う。速く食わないと無くなる。だから速い。だから家族皆早食いである。何の事はない。父親のペースに合わせていただけである。

www.youtube.com



なので、大皿料理でない時は、嬉しかった。無くなる心配がない。いちど夕食がオムライスで、ずっと見ていて母に怒られた事がある。初めて小皿で出てきたからだ。後片付けができないと母に叱られた。でも嬉しかった記憶がある。

だから何をもって「食べるのが遅い人は仕事も遅い」となるのか分からない。これだけははっきり言えるが、早いか遅いかは本人に資質ではない。単に環境による。私は3人兄弟であるが、一人だけ遅いと言う事も無いからだ。

だから、ちょっとだけ治そうとも思った事もある。酒を飲むようになってから、多少はゆっくり食べられるようになった。酒を飲みながら、つまみ感覚でゆっくり食べるのである。これで大分慣れた。でもファミレスに休憩がてら一人で1時間とか居られない。つい早く食べてしまい、持て余してしまう。

まあ、発言小町のたわいのない発言だから、どうでもいいのだが、本気で思っているのなら大間違いである。食べてる方は何も考えていない。

少なくとも私はそうである。

この辺で締めたいと思います。

長文と読んで下さってありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村