松居一代と個人資産

 

news.yahoo.co.jp

www.asagei.com



動画投稿など何かと話題の松居一代(以下松居)であるが、離婚調停をしているらしい。徹底抗戦で最高裁まで戦うとか言っている。でも何を戦うのか今一つ分からない。離婚したいのか、離婚したくないのかも分からない。船越英一郎(以下船越)も離婚したいらしいので、双方が離婚したいならすればいいだけである。金銭の問題かと思ったら松居は「お金じゃない」とも発言している。報道によると財産管理は別だと言っている。もちろん単なる弁明とも思えるけどね。船越が慰謝料を請求するのを防止したいのだろうか?

一説によると松居は「個人資産100億」とか豪語しているらしい。「マツイ棒」などの権利や運用で資産があると言っている。「別に船越の世話になっていないから金も慰謝料もいらない」らしい。もちろん事実かどうかは疑わしい所だ。100億もあったら税務署も動くし、大変な額である。ホリエモンだってそんなに持っていないだろう。そのレベルの資産だ。ちなみに今年のプロ野球では年棒一位のソフトバンクが55億。それと比較しても如何に「個人資産100億」な大変な額か分かろうと言うものだ。

一般的にタレントも1億や2億の稼ぎがある時もある。売れっ子になって「月収1000万円」なんて時もあるらしい。月収なので年収だと1億2千万である。ぷろ棋士だってタイトルを取れば千万円単位のタイトル料が入る。竜王は4320万円だ。作家だってベストセラーが出れば印税が入る。プロ野球でもドラフト一位は契約金は一億だ。

だからそれなりのセレブの生活であっても不思議でもないが、人気はいつまでも続かない。だからタレントしても野球選手にしろ「副業」を持とうするのが多い。どちらも「個人事業主」で契約上も違法にならない事もある。出資だけして経営には関与しない事もある。「タレントプロデュースの飲食店」なんてのもそのケースが多い。出資と多少のメニューは考案するが、店の運営と経営は知人とか別人である。名前とロイヤリティーだけ徴収する。出資したなら、利息を付けて返すのが当たり前である。大抵の「タレントの店」はこのケースが多い。タレントも芸能活動が忙しいのだ。店に行ってもいる訳がない。

タレントも一時所得で税金が高いので「失敗しても税金で取られるくらいなら」と安易に出資したり事業を始めるケースも多い。大概取り巻きに如何わしい人が「お友達」としていて、そそのかすケースもある。タレントがデザインしたジュエリーなんてのもそうだ。裏に仕掛人がいてそそのかす。有名人の知名度だけで宝石が売れる。タレントも「自ら進んで広告塔になってくれる」。自分の作ったアクセサリーだからだ。もちろんこれに限らず、バックとかも「プロデュース」である。タレントの名前だけ使った商売などいくらでもある。

もちろんこれとは別に堅い商売をしているタレントもいる。たとえば、たむらけんじの焼き肉店は本当に仕入れも管理しているらしい。実家が焼き肉店だそうだ。タレント業は趣味で「本業は飲食店経営」らしい。相撲の若貴の兄の方の「塩ちゃんこ」なんて成功例もある。力士は巡業でうまいものをタニマチにごちそうになったりして知っている。新人の時に「ちゃんこ番」をしているから料理の心得もある。なので引退すると「飲食店」をするケースも多い。

珍しい例だと「花畑牧場」がある。これはタレントの田中義剛(以下田中)が経営している。そもそも田中は酪農がやりたかった。だから大学も酪農学園大学農学部卒業である。大学時代に趣味で歌を歌っていたら、北海道で地方タレントになって東京進出する。そしてタレントになるのである。だから夢は「牧場も持ちたい」であった。

牧場を経営するには最低でも億単位の資金がいる。もちろん田中にはそんな金は無い。そこには「モーニング娘」と言うアイドルグループが関係している。つんくプロデュースのアイドルグループである。

そもそも「モーニング娘」は「番組の企画」である。テレビ東京の「浅草橋ヤング洋品店」の企画であった。のちに「ASAYAN」に改名される。その方が馴染みがあるだろう。これに田中も関係している。「カントリー娘」と言うアイドルグループもあった。当然芸能事務所も同じである。それは「モーニング娘」の頃から同じである。番組で発掘したアイドルを「アップフロント」に所属させて本格的に売り出した。

当時の「モーニング娘」の人気は凄かった。事務所も大当たりの企画である。モーニング娘がどんどん稼いでくれた。金が余っている。そこに所属タレントの田中が牧場をやりたいと言ってきた。面白いからやってみようと言う話になって出来たのが「花畑牧場」である。なので「花畑牧場」は「アップフロントグループの子会社」である。

今でこそ「生キャラメル」が人気商品の「花畑牧場」だが開設当時は赤字続きだった言う。生乳の納品では無く自社製品の開発もやっていたので返品もあったと言う。経営難だった。田中は何度もアップフロントの幹部に吊し上げを受けたらしい。出資は芸能事務所なのだ。責任追及されたと田中自身も語っている。「カントリー娘」も経営難の「花畑牧場」の観光資源のてこ入れでもあろう。牧場で働きながらアイドル活動をするコンセプトだった。

資産100億を豪語する松居だが、内情が分からないと何とも言えないのも事実だ。表面上だけ資産100億でも内情は自転車操業で砂上の楼閣と言うのも多い。これは何もタレントに限らず一般企業でも同じだ。最近では「てるみくらぶ」の例もある。いきなり倒産と言うケースも多い。

dekunobou1025.hatenablog.com



この手の話では千昌夫が有名だ。借金が三千億円だったと言う。不動産経営をしていて倒産した。バブル景気の頃は「不動産王タレント」で有名であった。ホテル王とも言われたらしい。妻はジョーン・シェパードでタレントであった。結婚後はビジネスパートナーだったと言う。離婚したが「ビジネスの関係は変わらない」とか言っていた。千昌夫の不動産会社の副社長か何かをしていた記憶がある。そしてバブル崩壊である。あっと言う間に倒産した。離婚してすぐだったような記憶がある。

なので今回も騒動もそうした事情があるようにも思える。実は松居の事業が頓挫しているとか、資金がショートして倒産寸前とかね。そうした裏事情は表から見えない。「てるみくらぶ」が良い例である。不可解な発言があった時は「疑ってみた方が良い」必ず裏があるからだ。金が要らないなら離婚すればいいのに、どことなく拘っている。本当は株投資が失敗して破産寸前なのかもしれない。100億あるなら5億くらいくれてやればいいのだ。手切れ金である。松居はなぜ苦労ばかりで益のない裁判をするのか分からない。

生放送の番組の途中で自己破産することもある。岸辺シローは番組の途中に不渡りが出て破産した。携帯に電話が掛かってきたそうである。

 

タレントの金の話も虚々実々である。

 

この辺で締めたいと思います。

長文を読んで下さってありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村