岸田と宏池会

headlines.yahoo.co.jp

headlines.yahoo.co.jp


安倍内閣内閣改造が行われた。

それに先立って党人事もあり、岸田外務大臣(以下岸田)は政調会長になった。一説には外務大臣を固辞したとかいろいろ噂になっている。そこで岸田派と宏池会について書いてみたい。

岸田派と言っているが「宏池会」と言う派閥である。もちろん岸田本人が始めた派閥ではない。先輩議員から継承されたものだ。その前は「谷垣派」であって谷垣禎一が派閥の長である。

この派閥の歴史は長い。池田勇人が起こした派閥である。安保闘争の頃からの派閥である。通称「吉田学校」から分かれた派閥だ。池田勇人は吉田の右腕と言われた人物である。吉田とはもちろん吉田茂の事である。

なので保守本流の名門派閥と呼ばれる。もちろん当時は岸信介とか中曽根康弘とかいたけど戦後の政治では吉田茂である。その直系の後継者とされた。吉田の秘書も池田勇人はしていたからね。

でもってその宏池会だけど、政界では「お公家集団」と言われている。政策通で調整が上手いが、政権闘争に弱い。自民党の「シンクタンク」的な立ち位置だ。政策通なので有能な政治家が多い。「安定感がある」と言われるのは大抵宏池会の政治家である。バランス感覚と調整の派閥だからだ。

その視点で見るなら岸田はまさに安倍外交としてはうってつけの人物だと思う。トップダウンで決断は官邸(総理)、実務は外務省だからね。実際の交渉は調整の上手い岸田にやらせればいい。今回その岸田は党の政調会長に就任した。これも、政局絡みではいろいろが憶測があるが、これから本番の改憲審議の調整を安倍総理は期待しての起用もあるだろう。絶対党内で揉めるからね。そう言う党内が分裂しそうな問題は、調整の上手い中間派といった宏池会を使うのがいい。

岸田の言動でもわかるけど、スタンドプレイをしないのも宏池会だ。石破みたいに党批判を大っぴらにやらない。人気取りに走らないのもこの派閥の特徴だ。だから安倍外交でも表は総理で、総理の意向を忠実に実行するのに長けけている外務大臣と言う構図である。今回外務大臣河野太郎になったが、その関係がどうなるか?でもあるけど。官邸の独自外交と外務省。調整をどうするかである。

今回、防衛大臣も文科大臣も宏池会だか、これもギクシャクした省庁との調整である。加計問題の落としどころである。獣医学会と文科省と官邸では溝があるから、その緩衝剤というか、世論との溝もある。防衛大臣も組織の不満が溜まっている。それを省内で評価の高い小野寺防衛大臣が関係修復と調整能力を買われたのであろう。普通ならこんな局面で火中の栗を拾うような大臣職はやりたがらないのだが、ちょっとお人よしと言うか、そう言う派閥である。

この派閥の総理と言うと池田勇人大平正芳鈴木善幸宮沢喜一と4人の総理を輩出している。しかし印象が薄い。鈴木善幸など「誰?」である。流石に池田隼人の頃は生まれてないから知らないけど。あとの3名は報道で見ている。大平は「アーウー」が口癖の総理で、必ず話す前に言っていた。鈴木善幸はほとんど印象がない。調べたら大平総理が急死して後任の総理である。当時は40日抗争とか自民党が分裂の危機だったから、党内融和と消去法で総理になったとか言われた。

宮澤喜一はこの中では一番印象があるだろう。「安竹宮」とも言われた。竹下登安倍晋太郎宮澤喜一で「安竹宮」である。官僚出身で、能力は早くから高く評価されていた。サンフランシスコ講和条約日米安保の準備交渉にも参加している。だから総理就任時も「日米交渉は全部知っている」と言っていた。総理退任後に再び大蔵大臣に就任する。この時は平成の高橋是清とか呼ばれた。普通は総理経験者が総理の下の大臣に就任することは無いからだ。総理経験者としてのメンツがある。

そういう実務型で権力闘争とは無縁の派閥だが、そんな派閥でも権力闘争をすることある。「加藤の乱」と言うのがある。これは加藤紘一が起した造反である。これは森総理の内閣不信任案に「賛成する」と公言した所から始まる。造反がでれば可決するかもしれない。当時のマスコミも連日この政局の話題だった。

加藤紘一も当時は総理候補と呼ばれていて、「YKK」となどと言われていた。山崎拓加藤紘一小泉純一郎の3名である。総理候補として「もっとも近い」とも言われた。小泉純一郎は問題発言もあり、3名の中では一番遠い存在だった。でもってこの総理候補の造反発言である。宏池会が造反すると話題になった。

しかしこの派閥らしいと言うか、権力闘争に弱いのである。言っては見たものの、こう言う戦争が下手な派閥である。相手には海千山千の兵がいる。当時は野中広務が幹事長で、宏池会を分裂させた。そのため脱落者が大量に発生して、最後は「加藤紘一山崎拓の2名で本会議に行く」と言う例の会見になった。本会議で晒し者になると言うことだ。造反は失敗したから、反対では無く欠席(棄権)と言うことになった。棄権なら不信任案は可決しない。この時「大将なんだから一人で行っちゃいけない」と泣いて止めたのが谷垣禎一である。この時分裂した一方の古賀誠はその後自民党の幹事長に就任している。もちろん造反を潰した論功行賞だ。

かように喧嘩が下手な派閥である。小泉純一郎みたいに「自民党をぶっ壊す」とかヤジ演説したり、小沢一郎のように新党を作ったりしない。一説によると岸田は次期総理を狙っているとか?対抗馬は党内批判をしている石破である。こっちは「喧嘩上等」で「下剋上」である。石破は政界再編を模索しているとの噂もあるので、小沢一郎みたいに分裂して新党立ち上げとかね。でも政治は権力闘争なので、喧嘩が強い政治家が勝つのである。

岸田が総理になるとすれば、そうした、鈴木善幸宮澤喜一のような消去法で次期総理だろう。取りに行くほど喧嘩が強くない。そう言う気骨のある派閥ではないのだ。自民党総裁も上記の4名以外に河野洋平谷垣禎一の2名が総裁になっている。なぜ総裁であって総理ではないかと言うと自民党が野党時代の総裁だからだ。その後自民党は与党になるが、総理は村山富市である。社会党の党首が総理で、河野洋平は総理にはなっていない。

そういう派閥なのだ。下野して総理になれないから、消去法で調整型で挙党体制での総裁である。総理になれないのに、下野していてしんどい総裁はしたくない。だから「消去法で困った時の宏池会」なのだ。そつなく安全運転してくれるからね。

これが岸田派という宏池会のカラーである。

この辺で締めたいと思います。

長文を読んで下さってありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村