牛乳石鹸の広告について考える。

この動画が不快だと言う。

www.youtube.com

news.yahoo.co.jp

引用

  6月15日にYouTube上に公開されたWEBムービーは、「父の日」をテーマにした作品だ。約2分43秒の動画で、俳優の新井浩文さんが主人公の男性を演じている。妻と息子と3人で暮らす男性のある一日を描くストーリーだ。

   動画の冒頭で描かれるのは、新井さん演じる男性が出社前に家のゴミ出しをする場面。この男性にとって、今日は息子の誕生日。職場での休憩中には、妻から頼まれた息子のためのケーキとプレゼントを買いに行く。

   ここで、男性の心情を表したかのように、

    「あの頃の親父とは、かけ離れた自分がいる。家族思いの優しいパパ、時代なのかもしれない。でも、それって正しいのか」

とのナレーションが読み上げられる。

   その後、プレゼントとケーキを手にした男性は、仕事でミスをした後輩を飲みに連れて行く。居酒屋では、携帯に妻からとみられる着信が入るが、男性はこれを無視する。

   飲み会を終えて帰宅した男性に対し、妻は「何で飲んで帰ってくるかな」と呆れたように一言。これに男性は「風呂入ってくる」と返し、そのまま風呂場へ。入浴シーンでは、牛乳石鹸が大写しになった後、男性は気持ちを切り替えるかのように顔を洗う。

   風呂から出た後、男性は妻に向かって「さっきはごめんね」と謝罪。家族は改めて、息子の誕生日を祝い始める。その後、画面には「さ、洗い流そ」とのキャッチコピーが表示され、動画はそのまま終わる。

この動画について、牛乳石鹸の公式ウェブサイト上では、「父と子の絆。とある男のなんでもない1日の物語」とした上で、「がんばるお父さんたちを応援するムービーです」と説明している。

   だが、インターネット上では、公開から2か月程が経った8月15日頃から、動画の内容についての批判が相次ぐことになった。ツイッターネット掲示板には、

    「ただただ不快な気分になる」
    「子どもの誕生日に飲んで帰って来て何を洗い流すの!?」
    「約束しておきながら、ひとりだけ違和感を抱えて約束をたがえる(略)男性が何を伝えたいのか、まったくわからない」

といった声が相次いでいる。そのほか、「本当に意味不明だった」「何を言いたいのこれ...」と制作意図が分からず困惑した様子の投稿も目立った。

   一方、作品が描いた男性の心情に共感するユーザーも少数ながら出ており、ネット上には、

    「何を言いたいか、誰をくすぐりたいかはわかる」
    「『お父さん』の気持ちが分かる様な気がしないでもない」

などの声も見つかる。ただ、「男としての葛藤、分かるよ、分かります」と理解を示した上で、「でもそれ、牛乳石鹸と関係あるかしら?」との疑問を投げかける意見もあった。

引用終わり。

この動画が炎上しているらしい。どうでもいいと言えばどうでもいい。一応動画と言う事なので広告なんだろうか?と思える。何を訴えたいのかも良く分からない。「嫌な事は洗い流そう」って言いたいのか?少なくともこの広告で牛乳石鹸の魅力は伝わらない。「さ、洗い流そ」って言っても、なんのこっちゃである。広告としては失敗である。

牛乳石鹸の広告で覚えているのは「牛乳石鹸、良い石鹸」と言うフレーズである。よくCMで流れていた。耳に残っているフレーズはこう言うものだ。確かに牛乳石鹸を使ってみたくなる。「ミルクのような泡」も石鹸の魅力だから牛乳石鹸と言う名前も効果的だ。

広告の意図は「働く父親を応援」と言う事らしい。でも牛乳石鹸が男性にアピールして意味あるのか?である。大抵は主婦が日用品の買い物はする。石鹸に拘るのは女性である。高価な美容石鹸など女性が好む。これは何も石鹸に限らない。洗剤も女性にアピールする。「髪に良い」とかも女性向けのシャンプーとかである。男性が気にするのは育毛剤くらいだ。ピントがずれている。だから「広告としてどうなの?」と言う意見が出るのも当然である。さっぱり分からないからね。

第一この動画で描かれている理想の父親が石鹸を買うとも思えない。高度経済成長以前の父権的な家庭を出して「あの頃と変わったけど、それでいいのか?」である。でも、あの頃の父親は石鹸なんかに興味は無かった。そもそも日用品の買い出しは妻に任せっきりなのだ。銘柄なんてなんでもいい。そこにあって、汚れが落ちればそれいい。それを石鹸会社が企業イメージにしてどうする?である。「昔の父親は石鹸に拘らないけど、今は違う」なら「ちょっと高いけど良い物を使おう」になるんだけどね。広告としては昔の無頓着な父親像を否定すべきだ。男性向けの石鹸やシャンプーもそうした物だ。それが一般に普及するのは高度経済成長以降である。昔は男性も女性も同じ石鹸を使っていたのである。違うのは女性用の美容石鹸くらいだ。「その頃は良かった」って牛乳石鹸としてどうなの?である。多様な商品を販売して利益を出すのが企業である。新しいライフスタイルの提案も企業の使命でもある。だから新商品が売れるのだ。昔が良いでは何も進歩しない。「この企業、アホなんじゃないか?」と思えてくる。

 

dekunobou1025.hatenablog.com

意図としてもズレているけど、動画の内容となるともっとズレている。ケーキとプレゼントを買ったり、朝のゴミ出しに疑問感じるのは、まだ許すとして、息子のプレゼントが「野球のグロープ」ってのがもうずれている。ギャグですかと思ってしまう。そんなものプレゼントして息子が喜ぶと思うですかね?今時グローブですよ。高度経済成長の頃ならまだ分かるけど、今の子供は任天堂のスイッチとか、多少ズレていても3DSを欲しがるでしょ。私にも甥や姪はいるから、彼らが欲しがるものも多少は知っている。正月にソフトを買ってやったことある。その頃はポケモンだった。夢中で3DSポケモンとかドラクエをやっていたけどね。誕生日のプレゼントがグローブとは?いつの時代の話ですか?。予約してあった携帯ゲーム機を取りに行って「疑問に思う」ならまだ分かる。「子供は外で遊ばなくなった。それでいいのか?」と言う問題提起になるからだ。

そう言う時代錯誤的なズレは随所にある。叱られた部下を呑み誘う。それって、パワハラか何かですか?である。そもそも上司や先輩の付き合いで呑むって、いつの話だよである。最近は「ポテトフライ頼んだら怒られた」とか話題になっている。どうせ説教なんだから付き合いたくもない。先輩との付き合いより、帰ってドラクエ11でもやった方がマシである。部下が断るならまだ分かるけどね。むしろそうだろ。怒られた日に先輩の説教まで受けたくない。断られてショックを受けるならまだ分かるけどね。「気を使って誘ったが断わられた。今の若手社員には伝わらない」と言うリアルなら分かるけどね。そう言う悩みだろ、と思うんだけどね。それと家庭での違和感とが繋がるなら分かるけどね。「それなりに家庭も仕事もあるけど、何やってるか分からない」のが現代のリアルな感情だと思うけどね。そして家に帰りたく無くなって一人で居酒屋で飲むのがリアルでしょ。リアルでは誘っても誰も付き合ってくれないからだ。そうした孤独感が現代社会である。呑みに誘って付き合ってくれるのは、昭和の発想である。バブル崩壊以降ではない。もう前提がズレているのでなんとも言いようがない。ファンタジーですか?である。

 

dekunobou1025.hatenablog.com

風呂場に牛乳石鹸と言うのがそもそもファンタジーである。まあスポンサーだから出さないと広告にならないのは理解するけど、風呂場に石鹸おいてありますか?ボディーソープならあるけどね。あの石鹸はもうない。風呂で体を洗う時に石鹸使いますか?あの「四角い石鹸」使ってますか?

ちなみ私はもう石鹸は使っていない。使うのはボトルに入ったボディーソープだ。石鹸はもう10年くらい使ってない。買っていないからだ。入院中も石鹸はなくボトルのボディソープだ。石鹸は濡れるとべとついたりするので使わない。濡れるとすぐグチャグチャになるから面倒である。

そもそも店頭で見かけない。売っているのか?と思ったくらいである。一応近所のコンビニにはあった。でも牛乳石鹸は売ってなかったけどね。もちろんボトル入りにボディソープは品数も多い。ご丁寧に「詰め替え用」も売っていると言う親切ぶりだ。エコと値段が安いから詰め替え用を買うことも多い。石鹸はミューズと花王とPB商品だった。下段の目の届かない所に置いてあった。

そうした廃れてしまった石鹸に対する懐古主義で作ったのなら、この広告も理解できる。風呂場から「四角い石鹸」は消えた。代わりに今では「ボトル入りの液体洗剤」である。それを消えてしまったかつての父親像と重ね合わせているなら分かる。「それで良いのか?」なら理解できる。そりゃあ時代錯誤の動画になるわけだ。「牛乳石鹸」ですからね。「四角い石鹸」に愛着が無ければいまどき「石鹸」と社名に入れたりはしない。汚れが落ちるなら液体だろうが個体だろうが関係ないからだ。

そうした「石鹸会社の自己満足」で作られたのなら、良くできた動画である。時代錯誤感がバリバリで「今時、四角い石鹸?」と笑いが出るくらいだ。そして「四角い石鹸があった頃の父親像」が美化されている。だから高度経済成長の頃の父親像だ。あの頃は風呂場には「四角い石鹸」があったからね。歌謡曲の「神田川」の「小さな石鹸、カタカタ鳴った」である。「神田川」は丁度高度経済成長の頃の歌謡曲である。野球のグローブも巨人のV9世代である。あの頃の子供なら父親からのプレゼントでグローブが欲しかっただろう。「親父と公園でキャッチボール」と言うかつての理想の父親像がそこにある。今では公園でキャッチボールは禁止だけどね。そんな時代にグローブですか?時代錯誤感が凄い。ファンタジーである。何を応援したいのか?

そうした懐古的な思いがあるのだろう。「液体石鹸は石鹸じゃねーんだよ」と言いたいのかもしれない。「あの頃の親父とは、かけ離れた自分がいる。家族思いの優しいパパ、時代なのかもしれない。でも、それって正しいのか」と言うメッセージは「四角い石鹸がボトル入りの液体石鹸になってしまった。時代なのかもしれない。でもそれって正しいのか」である。

なんのことは無い。石鹸会社の愚痴である。売れないから僻んでいるみたいな広告だ。確かに不快で見苦しい広告である。不便な「四角い石鹸使え」だからね。似たような「ナプキンじゃなくてタンポン使え」も炎上した広告だったが。売れないからナプキンを卑下している広告である。「彼氏のためにタンポン」って何なんでしょうかね?あれと同じコンセプトだから炎上するのだよ。まああの生理用品のズレっぷりも酷かったが。

しかしそれは時代錯誤である。トイレが和式から洋式に変わったように液体石鹸のほうが便利である。グチャグチャにもならず、べとついたりしない。廃れて消えていくものだ。企業理念として「四角い石鹸をもう一度」と拘りを持つのかまわないけど、今はボトル入りのボディーソープを使うでしょ。とっととそっちにリソースを使うべきだと思うけどね。だからあんな時代錯誤な広告になるのである。

不買運動とか「もう買わない」とかあるらしいが、そもそも「牛乳石鹸がどこに売っているか分からない」私である。「四角い石鹸」そのものを使わない。ドラッグストアにはまだ置いてあるかもしれないけど。そんなの気にしていないし、分からない。だから不買運動など関係ない。そもそも店においてあるのか?それ買ってるの?。

牛乳石鹸」どこに売ってますか?

この辺で締めたいと思います。

長文を読んでもらってありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村