山口俊の暴行処分

headlines.yahoo.co.jp

headlines.yahoo.co.jp



最近野球のことを書いていないの書いてみたくなった。

ペナントはセリーグは広島にマジックが点灯して、ほぼ決定状態である。巨人は4位でプレーオフに出場できるか微妙な状態である。先発投手も不足していて、補強のために獲得したFAの山口投手の件である。球団の処分が発表された。

引用

 プロ野球読売ジャイアンツの山口俊選手(30)が2017年8月18日、傷害と器物損壊容疑で書類送検された。7月11日に目黒区の病院で、酒に酔った状態で男性警備員を負傷させたりするなどのトラブルを起こした疑いがもたれている。

   山口選手は同日に記者会見を開き、「軽率な行動で事態を起こし誠に申し訳ございませんでした」と謝罪。病院関係者とは示談が成立したという。

   会見では、具体的な処分も発表された。処分は(1)8月18日からシーズン終了(11月30日)までの「出場停止」(2)7月11日から8月17日の期間、1日につき年俸の300分の1に相当する額の「罰金」(3)出場停止の期間、1日につき年俸の300分の1に相当する額の「減俸」の3つ。

   同球団の選手をめぐっては、2016年10月、野球賭博事件で、笠原将生・元投手(26)に懲役1年2か月、執行猶予4年(求刑・懲役1年2か月)の判決が言い渡されたばかり。

   同席した石井一夫球団社長は、「賭博問題を受け、規律委員会を設けて若い選手たちの指導強化を進めてきた」とするも、「今回の件で、中堅・ベテラン選手の指導の必要性を感じた」とし、今後はそれを実現する仕組みづくりを進めていくと述べた。

引用終わり。

経緯は酔って手を怪我した山口俊が夜間に病院で起こした傷害事件だ。器物破損もしたらしい。治療に行って起した。割れたグラスで手を怪我したらしい。

病院側とは示談が成立しており、刑事処分である。もちろん刑事事件なので、送検されて起訴されるかどうかを決める。起訴されて裁判である。喧嘩などの傷害の場合は示談の場合は起訴されない事が多い。被害届を取り下げたりもするからだ。今回も起訴猶予と言う処分だと思うけどね。

起訴猶予と言うの「確かに犯罪だけどもう制裁を受けたのでそれ以上の処分は不適切」と言う判断である。示談して保障もして、社会的にも謹慎なりの処分を受けた。本人も反省しているなら「もういいでしょう」である。何でもかんでも牢屋に入れるのが司法ではない。でなけければ「執行猶予」と言う判決も必要無いことになる。

もちろん前提になるのが「社会的制裁」である。もちろん山口俊は犯罪を犯した。だから制裁は必要だ。器物破損や傷害が消えたわけでは無い。でも今回は球団が「出場停止」や「罰金」を科した。それは社会的制裁である。別途コミッションが処分を出すかもしれない。もちろん被害者との示談も判断材料になる。本人が認めて謝罪して保障したのだ。これも制裁である。

こうしたケースは有名人に限らない。一般人でも酔って喧嘩とかする。傷害である。殴ったりする上司も結構いる。島田紳助だって懲役ではなく「罰金30万円」と言う判決である。略式起訴で、公判は開かれていない。もちろん紳助は活動自粛でである。執行猶予が付くケースもある。たけしのフライデー襲撃事件は執行猶予が付いた。実刑ではない。山口俊だけ「処分が甘い」と言うのは不適切であろう。アンチはそう言うだろうけどね。

山口俊は有名人ではあるが、公人ではない。ただの選手だ。もちろんタレントも公人ではない。もし重い処分は科すなら政治家など「公人」である。豊田議員は起訴されるのですかね?。もちろん議員は公人である。法律を作る国会議員だ。一般人より高い法律規範を適用すべきだ。法律作ってるんだからね。だったらちゃんと守れである。作った当人が犯罪を犯して甘い処分では示しが付かない。懲役にして公民権を停止すべきだ。

もちろん、警察官だって犯罪をする。裁判官だって検事だって不心得者がいる。犯罪を犯す事がある。でも「法の番人」である司法関係者は、当然一般人より強い法律規範を科されるべきだ。番人なんだからね。身内だからと言って甘い処分をしたら示しがつかない。厳しく処分をすべきだ。警察官が犯罪を犯したら、即刻懲戒解雇すべきである。それくらいの規範意識があってこその警察官である。権限を持っているのだ。簡単に犯罪をもみ消せる。逮捕して冤罪を作る事もできる。実際にそうした疑惑はある。萩原流行の死亡事故は、加害者が警察の車両だったので不祥事をもみ消したと言われている。「萩原流行の過失」で、もみ消そうとしたらしい。

でもそんな事はあってはならない。だから一般人より強い規範が必要だ。警察官の交通違反は即刻懲戒免職すべきである。

実際には日本の組織は身内意識が強いから、隠蔽とか処分が甘くなる。でも市民を守るべき警察官が「身内を守って市民を守らない」では、どうしようもない。特権階級と同じである。もちろん政治家も行政や司法に圧力をかけられるからもみ消せる。だから汚職は問題なのだ。検察官が犯罪を犯しても「不起訴」にしてしまえば、裁判することはできない。「身内だから不起訴」では法治主義もあったものではない。「身内だから無罪」では被害者は泣き寝入りだ。そもそも公正な裁判にならない。審判が不公正なんだからね。もちろん司法免許ははく奪すべきだ。重い法律規範を適用すべきである。

もちろん、野球選手にも「一般人より強い規範」を科すべき事もある。「野球賭博」などに関わって「八百長」をしては問題だ。そんな事はあってはならない。もちろん永久追放である。それは「試合に関与する野球選手だから」である。巨人の賭博事件は野球賭博ではないので関与できないが、やっぱり違法賭博なので処分は妥当である。永久追放は重過ぎるであろう。もしそうなら公営の馬券買ったら永久追放にしないといけない。賭博なんだからね。間をとって「資格はく奪」が妥当だと考える。

もちろん、実際に関与する騎手などもそうだ。期間中は外部との接触は禁止されている。もちろん競輪選手などもそうした噂が絶えない。「馬主情報」とか「競輪選手の八百長」とかである。先輩後輩とか人間関係もあったりするので、そうした噂は絶えない。もちろんそれを織り込んで予想する人も多い。だから「競輪は嵌ると麻薬的」と言われる。人間関係や心理は読めないからね。「いかさまがあって当たり前」という前提で予想するのだ。裏の八百長を読むのだ。でも八百長はあってはならない。

もちろんそうした事は野球にもある。引退試合で引退選手の最終打席で「ヒットを打たせてやりたい」とかあるものだ。審判も「分かってるな」と相手チームの捕手を呼び出して指示したりする。もちろん審判公認の八百長だ。「まっすぐしか投げるな」とか指示する。はなむけである。ファンも引退試合を見に来ている。ヒットで終わりたいのだ。八百長が入り込みやすい。後輩が「ヒット打てば3割」とかだと、消化試合の最終戦でそう言う事をする。「よし来いまっすぐ」とか打席で言ったりする。後輩に教えるのだ。2割9分7厘と3割では年俸査定が違う。後輩だから贔屓する。契約更改で年棒はアップして欲しいのだ。どうせ消化試合で順位は決まってるから勝敗などもうどうでもいい。でも八百長だ。だから厳しい規範が必要なのだ。

最近は何でも画一的に「違法」とか「犯罪」とか糾弾するが、そうではない。画一的に判断してはいけないのだ。もちろん山口は犯罪を犯した、でも永久追放するほど問題のある犯罪ではない。出場停止が妥当であろう。罰金刑など刑事処分が確定したら復帰しても良いと考える。示談も成立して民事上の問題も解消されている。

それをなんでもかんでも「読売の陰謀」とか糾弾するのがアンチの典型だ。まあ巨人ファンとしてはいつもの事だけどね。

この辺で締めたいと思います。

長文と読んで下さってありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村