山尾志桜里の不倫と離党

 

headlines.yahoo.co.jp

 

民進党山尾志桜里議員が不倫騒動で離党した。

またしても不倫騒動である。まあ大衆もよく飽きないかと思う私であるが、別にどうでもいい問題である。民進党の離党も「本人と党の問題」なので、私が関与できる事は全くない。党員じゃないし、党首選挙に投票できるものでもない。せいぜい比例区で投票しないくらいだ。仮に議員辞職したとしても、選挙区ではないから地元の有権者が支持すれば当選できる。そんな事でいちいち騒ぐのはめんどくさい。

不倫の是非については言う事はない。元々個人的な懸案事項ある。外野が良いの悪いのと言ってどうなる訳でもない。年下の弁護士だとか。だったら離婚して再婚でもすればいい。そうした政治家もいる。前に書いたが船田元はそうした。愛を貫いたのだ。

 

dekunobou1025.hatenablog.com

 

もちろん政治家も人間だから不倫や浮気もある。別に野党だからと言う話でもない。細野豪志は山岡モナと不倫疑惑で信用を落とした。ちなみに私の地元の静岡の議員なのでこれは多少の関与はできる。民進党は刺客を送るかとかあるけど、私は自民党には入れない方針なので、共産党にでもいれましょうかね?

 

dekunobou1025.hatenablog.com

今回の不倫行為は法に違反している訳でもない。だから司法が動く理由はない。もっとも本人は否定しているから。事実関係は不透明である。今井絵理子議員のようにホテルの部屋のまえで「バスローブ」で写真を取られた訳ではない。山尾志桜里も一夜の関係はあったと思うけど、断定まではできないと思う私である。一応相手は党の関係者で、いろいろ話せない裏の政治案件もあるだろう。出陣式を中座して密会とか言うけど党首選の絡みもある。幹事長になる予定だったから、裏の調整にも関与していたのだろう。だからこの一件だけ「不倫関係」と言うのも早計だ。それより芸能ネタで憶測で騒ぐなら「前原代表と男女の関係」とか無いんですかね?。邪推するならそっちである。女性の幹事長ですからね。野党でも党首に次ぐ重要人事だ。そりゃあ噂になってもおかしくないと思うが。と思ったらそう言う邪推もする週刊誌はあるんだね。週刊誌を読んでいない私である。

この二つの事象を重ねると面白い。前原代表との関係を補間するために、弁護士との不倫疑惑をだしたのか?。山尾志桜里に不倫の素養があるから、前原代表ともあったとするのか?立場は価値観によって解釈はことなるだろう。批判派は山尾志桜里の素養の問題で不倫は必然と言うだろうし、擁護派は、女性幹事長潰しの為にマスコミと使って前原代表と不倫疑惑をでっち上げたとみるだろう。不倫疑惑を作って印象操作できるからである。

こうなってくるともう問題の真偽はどうでもいい。元々どうでもいい問題ではあるが、単なる政党力学だ。山尾志桜里の幹事長を潰れせば、問題などどうでもいい。離党はおまけである。まあそのまま党内にいても当分党内では求心力も無いから、離党して新党にでも合流すればいい。国民ファーストと連携とか考えた方が意外に存在感は出せるかもしれない。小池さんの新党ですからね。女性が党内実力者なら理解もあるかもしれない。

もちろん、選挙は大衆の動向で決まるので、司法とは関係ない。「人民裁判」そのものだ。山尾志桜里の審判は選挙であり、それは大衆が投票行動で決めればいい。山尾志桜里が有能な政治家かどうかは誰もわからない。支持者は「有能な山尾志桜里が消える」と訴えるだろうが、それは選挙で決めることだ。

そして誰に投票しようが自由である。それは有権者の権利だ。政策で決めようが、不倫の有無で決めようが。イケメンとか知名度で決めようが自由だ。「顔が嫌」で決めても良い。それを「政治意識の欠如」と嘆くものかまわないけど。そう言うものだ。有権者は細かい政策は理解していない。昔からそうだ。そしてほとんどの政策にはそれほど大差がない。争点は多くて2つくらいだろう。小泉郵政解散も争点は、有権者の関心はこれだけだった。実際有権者は細かい政策に関心がない。だから投票率も低下傾向にあるんだけどね。争点が見えないからだ。

政策という判断でないとすると、後は印象である。不倫の有無は大きい。同じ政策なら「不倫疑惑が無い方」に入れるからだ。イケメンも大きい。そっちの方が良いからね。昔「ネクタイの色で支持率が変わる」と言って叩かれた総理がいた。それは中曽根康弘だったんだけどね。女性の支持率に影響すると言う意味らしい。でも実際にそれを意識して「赤のネクタイ」をする。「勝負の色」らしい。トランプもヒラリーも討論会で「赤」を使った。トランプはネクタイ。ヒラリーはドレスである。特にヒラリーに健康問題があったから、力強い印象のある「赤」である。「強い指導者」と印象付けたいからね。

もちろん、大統領選挙なので「人民裁判」ある。どちらの候補が相応しいかは大衆の投票で審判される。理由などなんでもいい。実際トランプも品行問題が絶えない。インテリはすぐ「政策」ばかりを言うけど、大衆はそんな事では動かない事は政治家も知っている。難しい政策の違いより、ネクタイの色で投票するのだ。

もちろん私のその大衆の一人である。だから「閲覧数が上がるかも」とこんな駄文を書いている。どっちみちどうでも良い。

でも読者が喜んでくれればいいのだ。

この辺で締めたいと思います。

長文を読んで下さって、ありがとうございました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村