セリーグと指名打者

headlines.yahoo.co.jp


セリーグでも指名打者制を採用すると言う話である。週刊文春が「清宮関連」で採用とか言ってるらしい。プロ野球をちょっとでも知っていればお笑いもいいところだが、いつものマスコミなので「読売の陰謀」とかである。なんでもかんでも読売の陰謀にしたがるのはいつもの事である。

そもそも指名打者制の議論は今に始まった話ではない。昔からあった。広島が反対しているとか?別に読売の陰謀ではない。他の5球団は賛成とのことだ。

ちなみに指名打者制の流れは世界的なものだ。なぜならWBCにしろ国際試合は全て指名打者制である。一リーグ制を取っている国は指名打者制を採用している。していないのはアメリカと日本くらいである。無論国際大会を考えれば指名打者制の方がいい。従来の9人制に戻る事はないからだ。世界の主流はもう指名打者制なのである。

なので古いに9人制に固執しても利点がほとんどない。元々投手の負担軽減のためにできた制度だが、年々打高投低になっている。だからボールも飛ばないようにしているし、金属バットはプロでは禁止である。実際投手の負担の少ないパリーグ交流戦でも好成績をあげている。選手の育成にも利点が多い。投手は投球練習に専念できるからだ。無駄なバント練習なんかしなくてもいい。国際大会ではもう採用されない9人制の為にバント練習ですか?

もちろん私は指名打者制に賛成である。野球の国際ルールが指名打者制なら、そちらに準拠したリーグにすべきだろう。国際大会で勝ちたいのは誰でも同じである。ならそのルールに合わせた育成をしなければ勝てない。別に清宮とかどうでもいい。旧態依然のもう採用されてないルールでリーグを運営する事が無意味なのだ。ちなみにアマでも指名打者制を採用するリーグが増えている。大学野球指名打者制が多い。社会人野球(ノンプロ)も指名打者制である。

そう言っても、やれ読売の陰謀と言う無知な輩が多いので困ったものである。ちなみにセリーグがすべて9人制かと言うとそうではない。例えば二軍である。ウエスタンリーグイースタンリーグがある。当然セリーグ球団も参加している。しかし二軍は指名打者制を採用している。もちろんセリーグの球団だって指名打者を使う。それは「選手の育成に有利だから」である。投手の打撃なんか実戦で試す必要がない。それより一人でも使える打者を試したい。だから指名打者制を採用する。別に9人制にこだわりがある訳でもないのだ。

同じような事例でオープン戦がある。開幕前に2月の終わりから行う試合だ。これも指名打者制を採用する。セリーグの球団も採用する。無論反対している広島も指名打者制を活用する。打者を実戦で試したいからだ。一軍選手も調整で試合に出たい。若手を打者として使って一人でも多く試したい。投手の打席など意味が無いのだ。

つまり、既にセリーグの球団も指名打者制を部分的に採用している。新しい試みでもなんでもない。活用しているのだ。それを公式戦に導入するだけである。

ルール的には指名打者は任意なので、投手を打席に入れても問題はない。実際「大谷を投手で打席に入れる」とか日ハムでは検討されたそうだ。大谷が先発の時だけ「指名打者やめます」は出来る。試合中に指名打者を解除することも可能だ。ただ一旦9人制にしたら指名打者制に戻せない。

だから「嫌だったら9人制」すればいいのだ。不利かどうかはその場の状況如何だ。別に禁止されている訳では無い。大抵不利になるから指名打者を使うだけである。

指名打者制の議論は昔から散々議論されているが、そろそろプロ野球でも本格導入すべきだと考える私である。

この辺で締めたいと思います。

長文を読んでくださってありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村