大河ドラマと信康事件

 

 


先週の大河ドラマは「信康事件」の話だった。歴史ファンでも知らない人もいるので概略からである。

徳川幕府の二代目は秀忠であるが、これは家康の三男である。でもって信康が長男だ。その長男の話である。信康の母は築山殿で正室の息子だ。もちろん桶狭間以前に今川と政略結婚した相手が正室で本妻である。これはドラマを見ていれば大体わかる。なので信康は今川の縁故者である。だからドラマで氏真が「信康は助ける」と言っているのだ。義元の養女になってから家康と結婚した記録もある。なので築山殿は「義元の娘」となる。氏真の妹となる訳で、信康は氏真の甥だ。信康は後継候補の筆頭だ。そして築山殿は正室でもあり、生母である。今川家としても応援しない訳はない。家が再興できるかもしれないからね。

もちろん家康にもメリットは大きい。信康が徳川と旧今川の接着剤となる。信玄もこうした縁故を利用した。ちなみに信玄の後継者の勝頼は「諏訪四郎勝頼」である。武田ではない。それは生母が「諏訪の元当主の娘」だからである。側室にした。そして生まれたのが勝頼である。なので「諏訪の再興」として諏訪の養子にした。信濃支配を強化するために血縁関係を利用している。長男の義信が後継になるはずだったが、謀反の疑惑で自刃する。今回の信康と同じである。なので養子の勝頼を呼び戻して後見にするが「武田は名乗れない」最後まで「諏訪」である。本家に戻って「武田」に戻ったと言う研究者もいる。武田の史料の「甲陽軍鑑」によると信玄の後の当主は「武田信勝」であり、勝頼は「陣代(後見人)」としている。なので勝頼は武田家を継いでいない。あくまで「信勝が成人するまでの補佐役」である。

そうした思惑が家康にもある。将来的に駿河支配を進めるなら血縁のある信康は都合がいい。信康の正室は信長の娘で政略結婚だ。この女性が今回の事件にキーマンである。

事件の発端はこの信康の正室(以下五徳)が、信長に「信康は武田と内通している」と密告した事から始まる。これを読んだ信長は「徳川に謀反の疑いあり」で信康の粛清を命じたと言うのが通説だ。

武田と内通していたとか、信康に謀反の意図があったかは研究者でも意見が分かれる。直接的な嫌疑は「信康が武田に縁のある女を側室にした」と言うものだ。それ以外の讒言に関しては不明な点も多い。信康と五徳の夫婦生活が良くなかったと言う説もある。側室を作るのだから、正室の気持ちが良い訳はない。これは古今東西不変の原則だ。戦国時代だってそうした「女のたたかい」は多い。有名なのは秀吉の正室のねねと秀頼の生母の淀であろう。

そして側室を作る事を薦めたのは五徳の姑の築山殿である。五徳には二人の娘はいるが嫡男がいない。「跡継ぎが作れない」と考えたから側室である。嫡男の重要性は言うまでもないだろう。「大奥」だって「嫡男を作る機関」だからね。女性を「産む機械」とか言った役人もいたけど、女性の価値を跡継ぎを作るためと考える偏見は強いのだ。

なので男子を産んだら大騒ぎだ。手柄である。だから秀吉の嫡男を作った淀は寵愛された。秀頼も溺愛された。そんな話はいくらでもある。現在にもある。「うちは女の子ばっかりでね」とか僻む姑もいる。もちろんハラスメントだが無くならない。そうした前提に立って見れば「戦国であっても嫡男出産は大きい」のだ。むしろ当時の方強い。

信康が側室を作ると言う事は「今後はそっちで嫡男誕生に賭ける」と言う意味だ。もし成功して、嫡男誕生となれば立場が危うい。これは秀頼誕生の時にねねも持った感情だ。正室なら誰でも思う理屈である。もちろん既に男子を産んでいたら違うだろうけどね。でも五徳は産んでいるけど女子である。側室に男子誕生となれば逆転だ。生母と言うことになる。仮に息子が当主になれば名実ともに正室より上位である。実権を持っているのは当主なのだ。そして息子はどうしても母親には頭が上がらないものだ。たから春日局とか「女帝」とも言われるのだ。

 

dekunobou1025.hatenablog.com

事件の背景には家康と正室の築山殿の仲とかもある。当時は築山殿は岡崎で、家康は浜松である。単純に言えば単身赴任だ。息子の信康は岡崎である。赴任先で側室を作っている家康である。秀忠は浜松で生まれている。ちなみに次男は秀康で、秀吉に人質として出した。その後結城家を継いで「結城秀康」となる。家康も秀吉に養子に出した秀康を次期将軍には出来なかったのだろうね。幼少期に秀吉に恩義がありますからね。

そして家康は浜松で、信康は岡崎である。これはもちろん遠江計略を進める上で浜松が重要だからに他ならない。そうして遠江の新規採用の人材が家康のそばで仕切るようになる。岡崎の連中は面白くない。そうした派閥闘争があった言う説もある。こうした地縁の対立は、武田にもある。武田滅亡にも勝頼が「諏訪」だったからである。そして居城を甲府から山梨県韮崎にある「新府城」に移す。信濃を意識した移転である。そして勝頼には「諏訪」になってからの重臣が側近だ。信玄以前の甲斐の家臣団とは反りが合わない。なので穴山梅雪とか小山田信茂が裏切るのである。そうした対立は長篠の合戦でもあった。地縁と言うのは重要なのだ。

じゃあ信康を浜松に引きとると言うもアリだが、これは難しい。危機管理の問題が残る。浜松の支配は完全ではない。だから家康が単身赴任なのだ。そして仮に浜松で謀反などが起きても、岡崎に信康がいれば家は安心だ。リスク分散である。現在だって首相が外遊の時は官房長官が官邸を守る。信長も京、安土、岐阜、清州と分散して危機に備えている。なので信長が京なら安土は信忠といった具合である。

しかし、本能寺の変の時は両者共に京にいた。この一瞬の隙を光秀は利用した。そして信長も討ち死にだが、信忠も京で討ち死にする。織田家の権力支配の空白が起きた。それを秀吉が利用する訳だが。なので難しいのだ。

話を五徳に戻すと、背景に色々あるが、それと五徳の手紙とは直接的な繋がりは無いと私は考えている。数々の陰謀はあるだろうが、それを全て五徳は察知していたとは思えない。せいぜい「武田の縁者が側室になった」ぐらいであろう。大体、浮気している夫の愚痴である。「愛人囲って悔しい」って愚痴を信長に書いているだけだ。こうした事も戦国ではあったらしい。有名な所では秀吉の正室のねねが、信長に送った手紙に「秀吉の女癖を叱って欲しい」と愚痴っている。信長も丁寧に返事を書いている。その文面では「猿」では無く「禿ねずみ」と書いているので「秀吉の猿」は作り話と言う説もあるくらいだ。返事には愚痴ったねねに「秀吉の行いは酷い」と書きながら「でも正室なんだから嫉妬してはいけない」とも書いている。

なので娘の手紙くらいで「切腹」とか言うのもおかしな話でもある。ただ「武田の縁者」の文言が引っかかったのだろう。そこも確証はない。五徳がちょっと作文したかもしれない。側室が破談になればいいくらいの気持ちだろう。ただ周囲が過剰反応して事件になってしまったと考えている。それ以外の悪行についてはかなり胡散臭い。粛清したあとの理由付けである。こうした行為は武田信虎の追放の理由とか何かと多い。適当に理由を付けて人格攻撃して印象操作するのだ。なので全くあてにならない。

ただ状況的に見て、かなり家康家臣団は内紛含みであったとは言える。信康と家康の対立もあっただろうし、浜松と岡崎の対立もある。織田と武田との関係もある。家康家中も派閥闘争や家庭内の不和があり、疑心暗鬼だったのだ。

そうした状況下に真偽は不明だが、怪文書のような手紙である。あっと言う間に事件になって粛清に発展した。こうした事は多い。現在の政治でも「偽メール問題」とかあるからね。ちょっとした怪文書から政権失脚に発展することは往々にしてある。

それをあたかも、史料だけで解明できると思う方がおかしいのだ。ましてや陰謀や仕掛け人がいる訳もない。でも勝手に怪情報は一人歩きする。そしてどんどん疑心暗鬼になって粛清の嵐が吹き荒れるのだ。

これが「怪文書」の恐ろしい所である。

この辺で締めたいと思います。

長文を読んで下さってありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村