戦国と石高と動員


小生は歴史も好きなので、すこし戦国の事も書いてみたいと思う。

何を書こうかと思ったけど、先日ブログで「戦国時代の石高」を見たのでそのあたりからである。

まあいわゆる「何万石」とかの数値である。加賀百万石の「百万石」である。もちろん米の取れ高くらいは誰でも知っているだろう。その話である。

まず「石」である。歴史ファンでもそれを知らない人が結構多い。容積の単位である。大体180リットルの量が「1石」である。米の重量では150キロくらいだそうだ。そして1石は10斗である。そして、1斗は10升、1升は10合と言う関係である。なので1石は1000合である。1升は1、8リットルだから、1石は180リットルとなる。なので、1斗缶は18リットルだし、ワンカップ大関は180ミリリットル。つまり「1合びん」である。まあ日本酒を軽く飲むには1合くらいが丁度いいので「ワンカップ」なのである。

でもって石高だが、これは「太閤検地」の記録を元にしている。太閤検地と言うのは豊臣秀吉が行った検地で、言ってしまえば「国勢調査」である。田畑を図って収穫量を積算したり、村落の人口を調査したりして戸籍を取り直したりしている。そうしないと、きちんと税が取れないからだ。そして当時は重税に耐えらない農民は逃亡。つまり夜逃げしたりして、ちゃんとした住民把握さえできていない時代でもある。

それを一括して行ったのが太閤検地である。そして度量衡の統一もしている。度量衡と言うの計測の単位である。例えば、メートルとフィートと尺寸は単位が違う。そして当時は、各地でまちまちな単位で測っていた。つまり「メートルとフィートと尺寸とでバラバラでやっていた」のを「公式ではメートル法にします」と統一したのだ。これも秀吉の功績の一つである。京枡を基準の1升にして、それを基準に太閤検地は積算している。それが今の1升なのである。度量衡の改定は江戸時代でもなされているが、だいたいこれが基準である。

そして、その太閤検地の目録によると「当時の日本国の総石高は1850万石」と言うことになっている。そして、各地の石高も記載されてるので「尾張57万石」とか推定されているのだ。各地の石高はWikipediaにも書いてある時代なので、便利になったものである。なので、武田信玄なら「甲斐23万石、信濃40万石」などから計算して行く。上野は半分として50万石の半分だから25万石か?それとも3分の1くらいで15万石か?。そして晩年駿河に侵攻したから15万石だけど、実際は富士川の東は北条が支配していたともされてるから半分で7万から8万石。こんな感じである。

そして、これは田畑の面積から割り出している。大体一反の水田から取れる米を「1石」として課税している。固定資産税のようなものだ。なのでそれも秀吉は統一した。秀吉は当時1反が360歩(坪)だったのを300歩(坪)に改定したのである。なので改定前と改定後では、同じ面積でも額面の石高が違う。これを「検地の打ち出し」と言う。もちろん今は改定後の300坪で1反である。面積の単位を決めたのも秀吉なのである。

なのでこの改定でたまに揉める事がある。つまり面積は打ち出し後は打ち出し前の大体8割である。なので改定後の石高もそのように査定しなおすべきなのか?である。仮に全国の石高が1850万石が額面なら、実質は1480万石である。どっちが正確なのかが問題になるのである。

そしてよく「戦国武将の動員力」とかの記事がある。それも基準は石高である。大体1万石で250人とかが多いけど、それは旧日本軍の積算を基準としている。実を言うと積算根拠は示されていない。日本軍が調べたからと言う事なのだろう。しかし研究者でもこれを使う人が多い。桶狭間の今川軍2万5千と言うのは、大抵基準はここからである。なので「100万石」なのか「実質80万石」なのかが重要なのだ。

固い史料では明智光秀が作った「軍規」がある。それによると「100石で6人動員せよ」と書いてある。つまり1万石だと600人である。かなりの開きがあるが、これを使う人も多い。他の史料も加味して大体100石で4人から6人ではないかと推定する研究者も多い。

なので、動員の積算は研究者によって結構開きがある。その程度で読んだ方が良い。あと動員数と兵力は必ずしも同じでもない。人足も多くいたからだ。上記の明智軍規だと「6人動員」だけど、装備は「甲一人、馬一匹、指物一本、槍一本」となっている。指物と言うのは戦国時代劇で足軽が背中に付ける細長い縦の旗の事である。

そして槍と言うのは「槍持ち」がいる。なのでこれは「騎馬武者と指物と槍持ち」と言う意味で、騎馬武者と従者2人が戦闘要員である。あとの3名は後方待機で輸送や人足だと考えられる。そして後方の3名は「専業でなくても良い」のである。動員がかかった時だけ出せばいい。どうせ荷物持ちなのだから、誰だってできる。

そう言う感じでいろいろ考えるのも小生は好きなので、歴史に関してはこんな感じで書きたいと思う。この辺で締めたいと思います。

長文を読んで下さってありがとうございました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村