読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

開幕と順位予想



プロ野球の開幕である。

巨人ファンなので、つい中心に語りたくなってしまうが、今年はWBCもあり、調整も変則である。参加組は少し調整は遅れるだろう。ボールの違いもあるし、大谷のように辞退した選手もいる。波乱含みの開幕である。

オープン戦の調子とか参考にすべきかもしれないが、これはほとんど役に立たない。所詮投げる方も打つ方も「調整」なのである。特に外国人はそうである。オープン戦で調子よく打って「これは期待できる」と思ったらシーズンでさっぱりで絶不調。何て言う選手は往々にいる。なので新外国人選手は「ちょっとオープン戦で苦労した方が良い」。選手も本気になって対応しようと勉強するからだ。しかしなまじ打てるので「この程度か」となめていると開幕して本気のレベルに驚くのである。しかしもう遅い。準備ができていないので打てないのである。大抵こんな感じだ。

でもって、順位予想である。まずはセリーグからだが。

1読売
2広島
3横浜
4ヤクルト
阪神
6中日

と予想する。大型補強の巨人だし、昨年優勝の広島が軸になってのペナントだろう。3位からは不確定要素が大きいが、軸のあるチームが来ると予想する。横浜は筒香、ヤクルトは山田哲人が軸である。どちらも投手陣に不安があり、なかなか優勝とはいかないところもある。投げる方は横浜が優位だが、打つ方はヤクルトである。バレンティン本塁打の記録を更新するような事にでもなれば違うだろう。今年のWBCバレンティンを見たら化物である。あんな調子でシーズンを打ちまくればひょっとしたら優勝も無くはない。山田もいるのだ。横浜は筒香の3冠王に期待がかかる。あと一人、打てる外国人が入れば違うのだが、ロペスではいかんせん、力不足感は否めない。筒香以外の選手がどれだけ打てるかが鍵になるだろう。

阪神、中日は苦しい。阪神は期待の糸井だけど、それ以外となるとちょっと期待感が薄い。福留も年齢があるし、期待の藤浪はWBCでもさっぱりである。中日はかなり厳しい。落合GMが事実上解任され、再建の年である。監督も変わった。これからであるが、きっかけがない。若い選手が台頭してくれば見込みもあるけど。その兆しすら見えないのが現状である。

広島は順当である。Aクラスは間違いない。課題はやはり打つ方だけど、鈴木誠也の出来如何である。昨年の活躍が見込めるなら優勝してもおかしくない。ただムラの激しいエルドレットと年齢的にキツイ新井さんが昨年並みに打ってくれるか?とか不安要素もある。投手陣は安定しているので、打つ方が鍵になるだろう。

一応巨人ではあるが、とにかく補強である。山口、森福、陽と獲得して、トレードで吉川も加入した。「なんでも欲しがる読売」である。じっさい「補強しすぎ」感は否めない。山口は出遅れたが、そんなのは想定内で獲得している巨人である。「代わりは幾らでもいる」って感じなのである。

原政権が終わって高橋監督になって、今年が「大改造の年」なのだろう。捕手も小林がWBCで活躍して、主力になれるかどうかの年である。もし今年一年安定して成績を残せば、阿部の後継者として「球界の正捕手」となるだろう。課題はやっぱり打つ方だけど、4番はギャレットを期待する。3番坂本、4番ギャレット、できれば5番に長野あたりが入ってくれると良いのだが。多分阿部が頑張って4番だろうけどね。陽は一番固定である。初めから「打てて、足のある、守れる外野手」が欲しかったのだ。できれば糸井かもしれないが、阪神が獲得したので陽にした。年齢的にまだまだやれるのでセンター固定である。フル出場して欲しい選手の一人であろう。

実際巨人はどんなスタメンもできるので「高橋監督に思い通りの野球」をさせる為の戦力である。そして一年戦って「今後の長期政権の礎」を決める年となる。もっとも成績如何だけどね。だた今年優勝したら、間違いなく小林は阿部の後継者だ。今後数年は正捕手の座に得るだろう。それは高橋政権が続く限り間違いない。そういう一年なのである。選手にとっては「高橋監督のお気に入りになれるか?」を争う一年である。良くも悪くも「原イズムを払拭する」一年なのである。そうしないと高橋監督のチームにならない。「原時代とやり方が違う」と反発が出るからだ。でも監督は高橋由伸なのである。変えなければいけない。

そして、GMも変わった。選手のリクルートの方針も変わるのである。原時代は菅野獲得もあり、東海大系との繋がりが強い。大田も東海大相模である。彼は日ハムにトレードである。代わりに吉川を獲得した。これも「原イズムからの脱却」である。

パリーグはそれほど詳しくないので簡単にする。

ソフトバンク
2日ハム
3西武
楽天
5ロッテ
オリックス


一位のソフトバンクは順当と言える。特に大型補強はしていないが、昨年の失敗を反省してデスパイネを獲得した。常勝軍団でもあり、今年も優勝の筆頭である。柳田、内川、デスパイネ、松田と打つ方も中軸が盤石である。昨年はカニザエルが大失敗だったので優勝を逃した。今年は実績のあるデスパイネである。これは堅い。ドンピシャの補強である。イデホが日本に復帰かと思ったけどね。投げる方は申し分ない。摂津やWBCでなげた千賀もいるし、東浜など若手の成長も見込める。

昨年「メイクミラクル」な優勝をした日ハムあるが、正直戦力となるとやはりソフトバンクには敵わない。やはり「神様、仏様、大谷さま」になるのだろうが、故障もあり「二刀流」とはならない開幕である。でもしっかり戦力整備していて、陽の代わりは岡の成長を見込める。なので日ハムも無理に残留させずに「FA放出」したのである。その辺はドライな日ハムである。「金のかかる選手は放出して若手にチャンスを与える」日ハムらしいやり方である。だから、生え抜きの選手は残らない。コストがかかって不経済だからだ。大谷も来年メジャー挑戦と言う話もある。そう言う球団だと思って割り切って見たい。

三位以下はダンゴである。一応西武にしたが、楽天もあるだろう。西武は岸が移籍したが、以外に良い選手が多い。打つ方はおかわり君の中村とメヒアが軸になる。それ以外にも栗山、金子、秋山、浅村と揃っている。投げる方は不安だが多和田とか、菊池雄星もこれからの期待である。Aクラスのは堅いように思える。

楽天は岸の加入と則本がどこまで勝つかによる。二人で30勝と行きたい所だが、それは厳しい。目標は25勝で、あとはどうにかって感じである。楽天ファンなら「岸15勝で則本17勝」とか言うかもしれないが、こんなには勝てない。打つ方もちょっと厳しい。残念ながら4位あたりかと思われる。

ロッテ、オリックスは厳しいが、チャンスがあるとすればオリックスかもしれない。金子と西が二人で25勝すれば楽天以上である。それくらいは期待できる。ロッテは印象が薄い。これと言って注目材料がないのである。デスパイネが移籍して打つ方も厳しいと思う。投げる方は石川、涌井で、後に続く選手がいない。唐川あたりが伸びてくれば違うのだろうが。

正直主力選手も書きたい所だが、書くことがない。普通に良い成績を上げるので「やって当たり前」である。だから広島の菊池や丸などの「今年の調子」とかあまり関係ない。普通にやるし、結果を残すだろう。巨人の坂本も同じである。ロッテの角中とか不安要素がない。巨人の菅野も同様である。12勝くらいはできるだろう。

こんな感じ書いてみたが、この辺で締めたいと思います。

長文を読んで下さって、ありがとうございました。

 

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村