ネトウヨとフェイクニュース

 

news.yahoo.co.jp

 

引用

和田氏は19日の同委で「まさかとは思いますけど、太田理財局長は民主党政権時代に野田総理(佳彦前首相)の秘書官も務めていて『増税派』だから、アベノミクスをつぶすために、安倍政権をおとしめるために意図的に変な答弁をしているんじゃないですか」と「質問」した。

引用終わり。

自民党和田政宗参議院予算委員会での質問内容だが、陰謀論にも程度ってものもある。あまりに荒唐無稽だ。増税派と言うのも言いがかりだし、アベノミクスと潰すためと言うのも根拠がない。個人攻撃も甚だしい。流石に自民党も「この発言は削除する」と本人に発言の削除を了解させた。普通に考えて程度の低い陰謀論である。

もちろん野党の質問にも褒められないものもあるが、それでもある程度は事実を前提にしている。最低限、週刊誌なり新聞なりの情報から質問している。「偽メール事件」だってメールそのものは出てきた情報である。誤報かどうかはともかく、その情報の真偽を確認する為に質問しているのだ。今回の改ざん事件も、朝日新聞の報道の真偽の確認ため国会で質問したから、財務省も認めざる得なくなった訳である。野党だって陰謀論だけで国会で質問なんかしない。自民党和田政宗はよくこんな質問ができると思うけどね。ネットの戯言ならいざしらず、国会の質問である。言質になる。それなりの確証が無ければいけないのだが。

和田政宗ネトウヨに人気あるらしい。それは数々のネット番組出ているからだ。それも右翼系の番組である。ニコニコ動画あたりでもよく見る。特に気にも留めていなかったけど、案の定である。大体においてネトウヨ陰謀論ばかりで煽りが多い。明日にでも北朝鮮が38度線を越えるとか、中国が尖閣に上陸するとかばかりである。ちょっと調べればそんなのデマに決まっているのだが。そして「電磁パルス攻撃」なんてのに過剰に反応する。見ていて滑稽なのだがね。

今回の森友の件だと、何やら「豊中市野田中央公園」で不正があったとか、それに辻元清美が関与しているとか言っている。もちろん辻本は否定している。その内容を調べたら、ネトウヨらしい陰謀論である。流石に本人が否定するくらい酷いものだ。そもそも値下げと言っても、国からの補助金で補填している。補助金なので国の承認がないといけない。それは麻生内閣の時に決まった。これは「平成21年度住宅局関係補正予算配分概要」に書かれている。これは公文書なので確認が可能だ。私はウィキペディアの参照から確認した。総予算89128(単位:百万円)の補助金事業である。大体890億円である。当然豊中市だけに配分された訳ではない。

これは麻生内閣で決まった補助金である。麻生太郎自民党である。その補助金に野党の辻本が意見できる立場とはね。ネトウヨは何を信じているのでしょうか?って感じである。野党なので職務権限もない。陳情したとしてもまともに扱われないのは明白である。それは今回でも「野党合同ヒアリング」とかして役人を呼び出すけど、木を鼻で括ったような対応からも分かる。人事権がないからね。もし可能だとしたら、辻本は凄い影響力を持った政治家なんだが。与党の政策に介入できるんだからね。滑稽至極である。ネトウヨはその程度も調べてはいないのだ。そして選挙区も違う。豊中市は辻本の選挙区ではない。それ以前に野党だから補助金なんか引っ張ってこれないんだけどね。

確かに価格は安いが、豊中市と森友とは次元が違う。豊中市地方自治体である。森友は民間だ。決定的に違う。それは売却と言っても「移管」に過ぎないからだ。「移管」とは、管轄を変える事である。従来は運輸省の管轄を豊中市に管理を変えただけだ。だから公園にして塩漬けにしている。何かあったらすぐに国が使えるようにしているのだ。地方自治体に土地の供出を求めるは簡単だからね。

そうした移管のケースは多い。割と多いが国道だ。「酷道」とか言う国が管理しきれない道路を県に移管して管理させる。もちろん国有地だから払い下げである。管理と引き換えだからタダだけどね。そもそも国も自治体も公だから「財布が違う」だけで中身は変わらない。税金で負担しようが、保険料だろうが「公的負担」は変わらない。どの道、公に取られる金である。それと同じだ。国か自治体かの違いだけだ。

逆のケースでは「国立競技場」である。オリンピックの開会式使われる、建て替えるあの施設だが。土地は国有地ではない。東京都の持ち物である。もっとも国立競技場は文部省の外郭の独立行政法人の持ち物なっているが。これは上の施設だけである。まあ「官有民営」みたいなものなので、実質文部省が管轄するのだが。でも土地は別だ。東京都が課している。地代が発生するはずだ。

しかし「無償で貸す」と言う事なっている。もちろんオリンピックの為に施設を立てて貰えるので、土地代は取らないって事なんでしょうね。立地のいい都の土地を無償で国の独立行政法人に貸すって話だ。法的には行政法人は民間だから土地代が発生する。仮に払い下げたとしても「固定資産税」が発生する可能性がある。その辺から「無償貸付」になったと思うけどね。国と地方自治体とはそう言う関係なのだ。民間に払い下げるのとは違うと言う事は理解しないといけない。

それをたまたま隣の敷地だからと言って、辻本が関与しているとか?滑稽でデマもいい所だ。上記の国立競技場の地代は都議会でも揉めているらしい。年間で地代は6億6千万だと言う。でも国立の施設だから地代は取らないと思うけどね。どの道、地方自治体は中央官庁には逆らえないのだ。

最近ネトウヨが騒いでいるのが「山梨の日本航空学園」に野党が関与しているとか?これも滑稽で笑えるのだが。そもそも50年以上前からの話だ。自民党政権下の話でずっと続いていただけだ。その頃今の野党があったんですかね。残っているのは共産党くらいだが。

そしてこの学校法人は戦前からある。山梨在郷軍人航空研究会に端を発している。戦前の話である。陸軍の外郭団体であったらしい。戦前は陸軍航空隊に協力していた。パイロットの養成とかあるからね。建学の精神は「航空教育を通して愛国の精神を培う」って事なので、そのまま戦前の理念である。「愛国の精神」とか言うといかにも安倍総理が言いそうな教育方針なんだけどね。ネトウヨは調べないのだろうか。そもそも山梨在郷軍人の集まりだから、そうなるのも頷けるだがね。野党が便宜を図るとか滑稽である。

当然今でも、自衛隊とも親密である。パイロットとか整備要員が必要だからね。その関係もあって滑走路も「官学共用」である。自衛隊も使う。そうした事は空港でも多い。地方空港の多くは「官民共用」だ。石原都知事なんかは「横田基地を軍民共用にする」とか言っていたけどね。まあ米軍基地だからできないけど。

そうした事情があって50年間も放置されていたのだ。自衛隊だって自由に使える飛行場が減るのは痛いからね。卒業生には自衛官も多い。そもそも陸軍航空隊の人材育成でできた学校法人である。右の政治家が便宜を図って当然だ。それをネトウヨが騒ぐのは滑稽である。ネトウヨな好きな自衛隊の人材育成もやっている学校ですよ。何を考えて騒いているのだろうか?。自民党が困惑するのもうなずける。そりゃ和田議員も自民党から怒られるわけだ。愛国教育の学び舎を潰そうとしているんだからね。

もちろん、中央官庁と地方自治体の関係は構造的問題なのだが、それは戦前の中央集権からそのままだ。戦後だって変わらない。どうこう言っても変わらないのだ。それを野党攻撃に使っても滑稽だ。それは自民党がやってきた事だからだ。だから、豊中市日本航空学園の問題も与党も誰も言わない。国が地方を自由に扱うのがこの国の地方自治のあり方だからだ。その点で森友とは全然次元の違う払い下げである。

ネトウヨフェイクニュースは滑稽で爆笑ものなのだが、国会議員和田政宗がそんな発言をしているとはね。国会議員でそんなデマを言っていると自民党からも追い出されますよ。それくらいのデマだ。

この辺で締めたいと思います。

長文を読んで下さってありがとうございます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村